レストラン

パリ市内でおすすめのレストラン3選。口コミ・レビュー

こんにちは、アテ君(@tabisekkei)です。

今回は、パリ旅行で訪れたいおすすめのレストランをご紹介します。フランスへの個人旅行を計画されている方、ツアー中の自由行動の間にどこかでご飯にしたいと思っている方必見です!

Le Comptoir de la Gastronomie

どれか一つ選ぶならここだけは外せないおすすめレストランは、Le Comptoir de la Gastronomie(コントワール・ド・ラ・ガストロノミー)です。

総合評価
ロケーション
サービス
コストパフォーマンス

こちらは、鴨料理専門店です。名物のフォアグラのカルパッチョを始め、本場エスカルゴや鴨肉ステーキを楽しめるお店として、毎日行列が出来る大変人気のレストランです。予約なしの場合は1時間以上待つこともありますので、予約は必須です。

>>>グルヤクで「Le Comptoir de la Gastronomie」を予約する

メトロのシャトレ駅から徒歩3分の好立地です。また、ルーブル美術館からも徒歩10分程度というパリの中心部にあります。

店員の方は皆さんとても親切で、私達が日本人と分かると「ありがとうございます」「何にしますか?」「美味しかったですか?」など、日本語で話す努力をしてくれていたことに感動しました。基本的に英語で大丈夫です。

ディナー予算は2名でおよそ7千円〜1万円と、お値段は結構しますが、コスパは良いです。是非美味しい料理をご堪能ください。


▼場所はこちら

>>>グルヤクで「Le Comptoir de la Gastronomie」を予約する

RICCI Eiffel

次は、エッフェル塔のそば、シャンドマルス公園近くにあるピザやパスタが食べられるお店「RICCI Eiffel」です。

総合評価
ロケーション
サービス
コストパフォーマンス

休日でも比較的他のお店より空いていて、落ち着いた店内でゆったりとランチすることができます。ランチ予算は2名で約4千円です。

一番目を引くのはピザの大きさです。あまりに大きくて食べきれないほどです。女性2名分はあります。かなりコスパいいです。残してしまいましたが、店員さんは優しく対応してくれて嬉しかったです。

立地もよく、エッフェル塔に登る前や後、散策中に立ち寄ることができますよ。

▼場所はこちら

SANUKIYA

次は、名前の通り讃岐うどんを提供する「SANUKIYA(さぬきや)」です。ルーブル美術館から歩いてすぐの好立地にある、日本食レストランになります。

総合評価
ロケーション
サービス
コストパフォーマンス

毎年パリのミシュランガイドに掲載されるという、行列の絶えない超人気日本食レストランです。数日の旅行でも日本食が恋しくなるものですよね。こちらには日本人スタッフがいて安心しますし、ダシが香るうどんはとても美味しいです。

個人的な印象ですが、店内はレストランというほど広くはないですし、うどんですから回転率は遅いです。また、日本ではワンコインで食べられるうどんも、最低価格がざるうどんで9ユーロ(1200円弱)と、非常に高いです。予算は2名で約4,5千円です。

とはいえ、さすがはミシュラン掲載店。日本食が食べたくなったら、うどんはいかがでしょうか。

▼場所はこちら

まとめ

パリには本当にレストランやカフェが多く、どこも盛況で活気がありました。フランスで食べる料理は、どこに入っても比較的日本人の口に合うものだと思います。

私が美味しいレストランを探すのに役立ったのは「地球の歩き方 パリ&近郊の町」です。的確かつ簡潔に数多くのレストランを掲載しているため、まずはどんなレストランに入りたいのかを探すのに大変役立ちます。

皆さんも、パリで美味しいフレンチを召し上がってみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください