おすすめ情報

東京ディズニーリゾートがついに電子マネーに対応!!2018年11月5日から。

こんにちは、アテ君(@tabisekkei)です。

ついに、東京ディズニーリゾートが電子マネーに対応した日が来ました。この日をどれ程待ち望んだことか。とうとう重い財布やカバンとはおさらば。バイバイお財布。

というわけで、電子マネーに対応することがどれほどメリットのあることなのか、電子マネーヘビーユーザーの私が解説します。レッツエンジョイノーウォレットデイズ!

どんな電子マネーに対応したの?

今や世の中になくてはならない(?)電子マネーですが、皆さんもSuicaをはじめとした交通系電子マネーは一度は利用したことがあるのではないでしょうか。

そんな電子マネーでの決済を新規導入した東京ディズニーリゾートが、最初に対応した電子マネーはこちら。

  • 交通系電子マネー:Suica、Kitaca、PASMO、manaca、TOICA、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA
  • QUICPay(クイックペイ)、QUICPay+(クイックペイプラス)
  • iD(アイディー)

ところで、なぜこれらの電子マネーが選ばれたのか疑問に思いませんか?

私は、東京ディズニーリゾートは「Apple pay(アップルペイ)に対応しました!」と暗にアピールしたいのではないかと考えています。Apple payとは、iPhoneなどで使える決済システムの呼称です。そしてApple payが使えるお店とは、Suica、QUICPay、iDが使えるお店を指します。

つまり、東京ディズニーリゾートはこれらの電子マネーに対応することで「Apple payに対応しました!」と対外的に示すことができるんですね。

どこで使えるの?

対象となる施設

こんなところで使えます。

  • 東京ディズニーランド
  • 東京ディズニーシー
  • ボン・ヴォヤージュ
  • ディズニーホテル

ほとんど全てのショップで使えるみたいですね。控えめに言っても、最高!

一部対象外の商品もある

公式サイトによると、一部の商品は使用できないそうです。

例えば、バルーン。たくさんバルーンを持って販売しているキャストさんがいますよね。ここでは電子マネーは使えないようです。(そりゃそうか)

一部ワゴンを除く、らしいです。ペットボトル飲料とか、アイスなどを販売しているワゴンでしょうか。詳細はわかりませんが、それらのワゴンでもクレジットカードは使えるので、電子マネーが使えない一部ワゴンってなんでしょうね。引き続き調査します。

>>>ディズニー公式:電子マネーご利用のご案内

電子マネーの利用可能額について

交通系ICカード

交通系ICカードのチャージ上限額は2万円です。つまり1回のお買い物で2万円(税込)までとなります。(1回1万円までのチャージ、2万円チャージするには2回のチャージが必要)

チャージ機はパーク内にはないことが、公式サイトで明言されています。そのため、オートチャージやApple walletなど、その場でチャージできる手段がない場合に注意が必要です。

幸いにも、舞浜駅や東京ディズニーシー・ステーション駅でチャージできますので、一度外に出てチャージしてから再入場するという手があります。

>>>ディズニー公式:よくあるご質問【電子マネー】

QUICPay、QUICPay+

QUICPayは支払い1回につき上限額が2万円(税込)です。QUICPayに紐づけされたクレジットカードでの支払いとなるため、チャージする必要がないので大変便利です。カード払いなのでポイントが貯まるのも嬉しいです。

支払い上限が2万円とはいえ、ディズニーリゾートでお土産を買う場合には十分です。万が一上限を超えるような場合は、少し面倒ですが、お会計を2回に分けてもらってください。(商品一つが2万円以上したらアウトですよ!)

また、QUICPay+にも対応しているのは嬉しいポイントです。私は持っていませんが、QUICPay+に対応したクレジットカードであれば、2万円を超えるお買い物でも支払いできますよ。上限額は、クレジットカードや利用店舗に応じて変わります。東京ディズニーリゾートの場合は、上限額の公式発表が確認できませんでしたが、2万円以上であることは間違いありません。

iD

ドコモ系の電子マネーですが、利用上限額は店舗によって違います。東京ディズニーリゾートの公式発表もないため、正確なことはわかりませんが、SuicaやQUICPayの利用上限額が2万円なので、同等ではないかと推測します。

スマホさえあればOK

東京ディズニーリゾートは、すでに公式アプリにてパスポートの購入ができるようになっています。スマホの画面に表示されたQRコードで園内に出入りできるため、紙のパスポートを買いに行ったり持ち歩いたりしなくてよくなりました。

そして今回とうとう電子マネーにまで対応しました。このことで、現金すら持ち歩く必要がなくなったのです。

つまり、電子マネーに対応したスマホさえ持っていれば、スマホだけで入園パスポートも決済も可能になったのです。スマホにSuicaを登録すれば、電車すらスマホで乗り降りOK。

お財布がいらないので、かばんもいらない。やっと手ぶらでディズニーランドに行けます。そうです、スマホさえあれば東京ディズニーリゾートを満喫できるようになったんです。

アテ君は電子マネーをどう使ってる?

私は、QUICPayとSuicaを使用しています。iPhone Xを使用しているので、Apple wallet(アップルウォレット)にQUICPay対応のクレジットカードと、Suicaを登録して使っています。

▼iPhoneのSuica決済画面

ウォレット内でSuicaのチャージもできるクレジットカードなので、Suicaの残高がなくなった場合は、スマホのウォレットでチャージしています。とても簡単で便利です。そして何より、クレジットカードでSuicaにチャージするため、ポイントも貯まるんです。

電子マネー支払いすることで別の利点も生まれました。それは、クレジットカードの明細に支払情報が残ることです。私は家計簿をつけていませんが、クレジットカード明細が家計簿の代わりです。レシートを受け取ることも少なくなりました。

特に私が便利に感じているのは、クレジットカードのサインが不要であることです。カードによって、お店によって、クレジットカード払いの際はサインが必要ですよね。ディズニーランドでも基本全てをクレジットカード払いしている私は、毎回サインさせられてそれはもう面倒でした。QUICPayやiDならサイン・暗証番号不要!ストレスフリーです。

【Apple Pay】iPhoneでSuicaにチャージする方法。現金チャージも簡単に。こんにちは、アテ君(@tabisekkei)です。今や日本にも浸透しつつあるApple Pay(アップルペイ)。旅先でも、現金がなくとも...

まとめ

以前から、東京ディズニーリゾートともあろうお方が、未だに電子マネーに対応しないのかと、ずっともやもやしていたんです。それがようやく対応したので、私は手放しで喜びました。

これまでは、荷物を持ち運ぶのが面倒で、いつも小銭入れ一つにクレジットカード一枚と、念のためお札を数枚忍ばせて行っていたんです。ですがもうそれも不要になりました。これからはスマホだけで大丈夫です。

しかも防水スマホなら、ディズニーの水濡れイベントも、たとえ雨の日だってなんのその。注意すべきはバッテリー切れのみ!

次に行くときは電子マネーを有効活用して、必ず手ぶらで東京ディズニーリゾートを楽しみたいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください