ホテル

会津芦ノ牧温泉の老舗旅館「大川荘」の口コミ・レビュー。絶景露天風呂&美食懐石がオススメ

こんにちは、アテ君(@tabisekkei)です。

今回は福島県会津若松市にある「大川荘」へ行ってきました。こちらの旅館は、会津芦ノ牧温泉として有名な温泉街にある旅館の一つです。

名物温泉のたな田露天風呂から見る絶景や、空中露天風呂、夜は懐石料理に朝食バイキングまで、楽しみなことばかりです。期待に胸を膨らませ、いざ旅館へ!

アクセス

東北新幹線「郡山駅」から、JR磐越西線で「会津若松駅」下車の後、会津若松駅から大川荘までの無料シャトルバスに乗っていくことが出来ます。

冬のシーズンは雪深いところのため、自家用車で行く際には必ずチェーンやスノータイヤの装着が必要です。

▼場所はこちら

>>>公式サイト「大川荘 アクセス」

 

ロビー、廊下

旅館の入り口を抜けると、水の流れる音とともに三味線の音が響いてきます。普段聴く機会がないのでとても新鮮でした。演奏時間は16:00~18:00です。

エレベーターを登ると左右に客室へと続く廊下があります。目を引いたのは廊下にある畳の椅子です。旅館の正面側の景色を楽しみながらお風呂上がりの火照った身体を冷ましたりするんでしょうか。

部屋について

部屋の中、お風呂、トイレ

ザ・旅館!!旅館といえばこんな部屋ですが、まさにイメージ通りです。ここに5人で宿泊しました。夜の食事を取って部屋に戻ると布団が敷いてありました。旅館らしい体験ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

露天風呂が名物の旅館だと思いますが、一応部屋にもお風呂があります。公営住宅のお風呂場のようなこじんまりとしたお風呂でした。口述しますが、みんなで露天風呂行きましたので誰も使いませんでした。

トイレは、ごく普通のトイレですね。きちんとウォシュレットなのは良かったです。

アメニティ

部屋に備え付けのものは、ドライヤー、歯ブラシ、ハンドソープ、そしてハンドタオルとバスタオルです。整髪料、化粧水、カミソリは大浴場にあります。

大浴場へは部屋のタオルを持参する必要があります。タオルや下着などを入れられるように小さな袋が部屋にありますが、タオルでいっぱいいっぱいのサイズです。気になる方はバッグを持参した方が良いと思います。

大浴場と空中露天風呂

大浴場 内湯

 

 

 

 

 

 

(画像出典:楽天トラベル「大川荘」

左の写真が男湯の内湯、右の写真が女湯の内湯です。体感では42度くらいのお湯でした。さらさらした泉質で、きつい匂いもありません。

洗い場は、きちんと数えてはいないのですが、団体客がいると席が埋まってしまって洗えなくなる程度の数でした。20席程度でしょうか。もう少し座席があったら良かったです。

大浴場 露天風呂

 

 

 

 

 

 

(画像出典:楽天トラベル「大川荘」

大川荘名物の一つ、源泉掛け流し棚田風湯船の絶景露天風呂です。上から下へ棚田のように3段の湯船が設けられています。

一見すると下に行くほど湯温が下がるように見えますが、それぞれの湯船に別々に温泉が注がれているんだそうです。

一番下の湯船は屋根の外にあり、最高の開放感を味わえます。私が行った時には雪が舞っていて、寒さと暖かさで最高の露天風呂が楽しめました。

空中露天風呂

 

 

 

 

 

 

(画像出典:楽天トラベル「大川荘」

大川荘のもう一つの名物が、この空中露天風呂です。左が男湯で、右が女湯の写真です。旅館の1階から地下2階へと降りていった場所にあります。ここには洗い場はありません。露天風呂をたっぷりお楽しみください。

確かに景色は良いのですが、写真でも分かるように、木の柵があって景色がよく見えないと感じました。大浴場の露天風呂は柵などは特になく、個人的には空中露天風呂よりずっと良かったです。

ここへ向かう途中の廊下や、脱衣所には冷暖房がありません。私は真冬に行ったのでそれはそれは凍える寒さでした。すぐ湯冷めするのでなるべく暖かい格好で行ってください。

夕食:和懐石料理

献立

前菜 :胡麻豆腐、鰊山椒漬けと紅白鱠、会津産車麩豚角煮もどき

お造り:季節のお造り(今回はマグロとカンパチでした)

鍋物 :旬の茸鍋

焚合せ:会津郷土料理 芋棒

台の物:福島県産和牛焼しゃぶ

お凌ぎ:会津蕎麦

蒸し物:茶碗蒸し

食事 :会津産こしひかり、会津伝統料理こづゆ仕立て、香の物2種盛り

デザート:会津山塩プリンカプチーノ仕立て

どれも美味しかったです。ただ、結構お腹いっぱいになってきた頃にご飯と味噌汁はちょっと重かったです。それから、プリンは普通に塩をかけていないのが食べたかったです笑

朝食バイキング

朝食会場は非常に広々とした場所でした。食事開始から程なくして向かったのですが、それでも窓際の席はすでに埋まってしました。部屋や露天風呂から見る景色と同じような景色を望むことができます。

朝食はバイキング形式で、種類がとても豊富でした。内容も安物というより、きちんとした料理をいただけました。ご飯やみそ汁はよそってから渡してくれました。

特に美味しかったのはフレンチトーストです。シェフがその場で焼いていたものなので、出来立てをいただけます。卵がしみしみで、パンもふわっふわ。最高のフレンチトーストでした。

まとめ

今回は福島県の芦ノ牧温泉へ行ってきました。芦ノ牧温泉を楽しめる温泉旅館をたっぷりと堪能できました。旅館の中はまるで別世界のような美しさで感動しました。

部屋からも露天風呂からもとても素晴らしい景色を楽しむことができ、豪華な料理もとても美味しかったです。

とてもリラックスした休暇を過ごせました。ぜひ一度、芦ノ牧温泉大川荘をご利用してみてはいかがでしょうか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください